Computer Learns

社員が仕事への意欲を高められる研修を行うには

新入社員を対象とした研修のテーマの選び方

新入社員の研修を計画するうえで、社会人としても自覚を持たせるために、じっくりと研修のテーマを決めることが肝心です。

特に、企業内のルールやビジネスマナーなどの研修が行われている企業は少なくありませんが、なるべく多くの社員に興味を持ってもらうことのできるテーマを選ぶうえで、外部から講師を招くこともおすすめです。

また、様々な部署の管理職のスタッフに意見を求めることで、実際の業務に関連した研修のカリキュラムを組むことも効果的です。

もしも、新入社員の職場への定着率を高めたい場合には、上司や同期の社員とのコミュニケーションを図ることのできる機会を設けることによって、仕事に対する目的意識を持たせることが肝心です。

中途社員の研修の重要性

中途社員の採用が活発に行われている企業は少なくありませんが、過去の経験を新しい職場で発揮してもらうために、それぞれの社員のスキルに応じた研修を導入する必要があります。

例えば、研修を通じて業務に必要な専門的な知識や技術を身に着けることによって、職場にスムーズに順応できることがあるため、まずは中途社員の一人ひとりの意見を聞きながら、スキルアップにつながる研修の機会を設けることが効果的です。

なお、中途社員の離職率を低くするためには、人事担当者だけでは対処しにくいことがあります。

そこで、職種に応じて定期的に様々なポジションで働く社員を対象とした研修を行うことはもちろん、研修の効果を継続的にチェックすることがポイントです。

社員研修とは、自社の社員に対して企業が行う各種研修のことであり、企業が求める業務に対して必要な知識や技能を教育する目的で行われるものです。