Computer Learns

誰が、いくらお金を借りているのかという債務情報を蓄積している信用情報機関とは

貸金業者から情報を受けてデータを保存している

銀行や消費者金融からいくらお金を借りているか、あるいは住宅ローンやカーローンの債務がいくら残っているのかといった情報は重大なプライバシーといえます。そういった情報は債務者である顧客と債権者である会社しか知り得ないと考えている人も多いかもしれませんが、実は違います。第三者といえる組織にもそうした情報が保存されているのです。

一般人の債務情報を保存しているのは信用情報機関と呼ばれる組織です。どこの誰が、いつローンを利用したのか、毎月ごとの返済状況はどうなっているのか、といった情報を蓄積しています。なぜ信用情報機関はそうした重大なプライバシー情報を知ることができるのかというと、債務者の貸金業者などから情報の提供を受けているからです。

自分の情報は請求すれば閲覧が可能

銀行や消費者金融、信販会社が勝手にそんな重要な情報を第三者に渡していいのかと怒る人がいるかもしれません。しかし、信用情報会社への情報提供はローン利用時の契約書にしっかりと書かれています。

貸金業者はただ情報を提供するだけではなく、ローンの申し込みをしてきた客の債務状況を閲覧することができます。そして、「他社から既にお金を借りているものの、今まで返済を遅延したことはないので信用できる」、あるいは「債務を踏み倒していて、融資するにはリスクがある」といったことを判断し、審査の参考にしているわけです。

実は信用情報機関に保存されている自分の情報は、請求すれば見ることが可能です。どのような情報が保存されているのか気になる人は、請求してみるといいでしょう。

個人情報を含んだ紙の抹消のために用いられるシュレッダーは、オフィスだけでなく家庭で使われることも多くなってきました。コンセントに繋ぐものから、手動で裁断できるものまで幅広い種類が存在します。