Computer Learns

iPhoneが壊れてしまったらどうする?症状別の修理方法

iPhoneが充電できない

iPhoneが充電できなくなってしまうときってありますよね。そんなときはまず再起動をしてみましょう。ホームボタンと電源を長押しすることで強制的に再起動をさせることができるので、意外と治ることがあります。

しかし、必ずしもそれだけで治るとは限りません。iPhoneが0%になって電源が切れてしまってから充電をすると、しばらくの間反応がないことがありません。完全放電をしてしまったためなので、10分ほど放置しておくと画面が点いて電源が入るようになります。

また、iPhone本体の端子に問題があって上手く接続できない場合も多いです。Lightningケーブルを差すところ(ドックコネクタ)にほこりや汚れなどが溜まってしまって接続不良になり、充電できなくなってしまうのです。この場合は汚れを取り除けば回復します。

iPhoneのホームボタンが反応しない

ホームボタンが反応しなくなるとびっくりしてしまいますよね。まずは画面がフリーズしてしまっていないか確認してください。この場合は前述のとおり強制的に再起動してしまえば、元通りになります。

他には、ホームボタンそのものが壊れてしまっている可能性があります。そうなると修理に出すしかありません。しかし、予定が合わなかったりしてすぐに修理に出すことが難しいこともあるかと思います。その場合はホームボタンを画面上に作ることができます。方法としては、設定から一般、アクセシビリティに進み、そこから「Assistive Touch」をオンにします。すると、画面上に半透明のアイコンが表示されるので、タッチすると6つのショートカットが表示されます。その中にあるホームというのがホームボタンの代わりとして使用できます。

天王寺は大阪市阿倍野区にあり、大阪有数の商業エリアです。店舗数はざっと分かるだけでも11店舗あります。iphone修理を天王寺する場合、時間は最短で15分から、金額は1000円から受け付けてくれます。