Computer Learns

スマートフォン向けWebサイトを作る上での注意点

パソコン用Webサイトとは見やすさが異なる

パソコンを持たずに、インターネット閲覧は全てスマートフォンを使っているという人もいます。スマートフォンの魅力はパソコン用のサイトも問題なく閲覧できるだけでなく、外出中でも気軽に利用できる点でしょう。そうしたユーザーに合わせて、スマートフォン専用のWebサイトを作成しているところも少なくありません。作成方法はパソコン向けとほぼ同じですが、見やすさを意識するなら注意点もいくつかあります。

画面のサイズに注意してデザインすることが大切

一般的に、パソコンとスマートフォンでは画面の大きさが異なります。スマートフォン向けのWebサイトは、小さな画面で見やすいようにデザインすることが大切です。まずは、画面をスクロールする方向が縦か横のどちらか一方になるようにして下さい。縦と横にスクロールしながらだと、文章等が読みにくいという問題が生じます。画面上にメニューバーを表示するデザインは、パソコンなら便利ですが小さな画面の場合は逆に邪魔になってしまうことも珍しくありません。スマートフォンWebサイトでメニューを作りたい時は、プルダウンなど必要な時だけ表示できるようにしておくことがお勧めです。

画像や動画はデータ量が大きくなりがちなので注意

画質の良い写真や動画は大きな画面で見ると綺麗ですが、データ量が非常に大きくなってしまいます。外出先でWiFiがない環境では、データの受信料を気にする人もいるでしょう。環境によっては、受信がなかなか出来ずに画像や動画が上手く表示できないこともあります。スマートフォン向けWebサイトなら様々な環境で閲覧することを想定し、データが大きすぎる写真や動画の掲載方法について考えることが大切です。

スマホ率が高まる中、スマートフォンサイト制作を怠る企業に未来はありません。スマホに最適化されていないサイトと言うだけで、顧客はストレスを感じて離脱をします。未来のためにもしっかりと投資しましょう。